Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor KEN Milanese Imbruttito 's Column

2018年の、最強のイタリア語勉強法を考えてみた。

Jan 31, 2018 | 2 Comments

今回は、2018年時点で最強のイタリア語勉強法はなにをどう活用すれば実現できるか、を考えてみようと思います。

 

 考えていく上で、以下のとおり3つの段階に学習者の方を分類して、それぞれについて考えていきます。それぞれの分類において、「もし私がそのレベルだったら、なにをどのように使ってイタリア語を上達させたいと思うだろうか」を考えていきます。

 

(1)ゼロからのスタートの方~イタリア語検定3級までの人

(2)イタリア語検定3級~2級までの人

(3)イタリア語検定2級からもっと上達したい人

 

 イタリア語の実力を測るものさし(試験の種類)はいろいろとありますが、今回はより多くの人にとってわかりやすいと思われる「実用イタリア語検定」をものさしとして使います。

 

 上のうち、今回は、1)について書きます。

 

 ゼロからのスタートの場合、まずは日本人のイタリア語講師を探します。

 

 なんでもそうですが、一番大変なのは最初歩の段階です。イタリア語で言えば、動詞の活用の仕方や、名詞や形容詞の複数形・性別、過去形の作り方(近過去や半過去)などなど、日本語にはないものばかりですよね。こういうものを自分でゼロからするのはものすごく大変です。だから、勉強が軌道に乗るまでは、誰かに教えてもらうのが一番楽でしかも早いです。

 

 講師を探すのは、CafeTalkなどのオンライン講師マッチングサイトを使うのがいいと思います。スカイプでの授業なので、遠距離にいる講師とでも授業が組めるのが利点ですね。

 オンラインでの授業が無理なら、地域で講師を探すことになります。各種の語学学校でも探せますし、最近はイタリア語を趣味とする人のコミュニティーもたくさんありますから、一通り試しに参加してみると良いと思います。無料のものから有料のものまでいろいろとあります。内容も、読解が中心のものから会話中心のもの、料理などの文化体験教室的なものまで様々です。

 

 講師を選ぶコツはなんでしょうか。

 

 イタリア語検定でいえば1級を持っていること、CILSでいえば少なくともB2を持っていることがわかりやすい目安です。また、CILSはイタリアで受験した人の方がレベルは高いです。これは、イタリアで受験すると試験官が全てイタリア人であるのに対して、日本で受験すると日本人が試験官であることもあり、合格するためのハードルの高さが日本受験者の方が低い可能性があるからです。(過去に、日本で受験した人の体験談によると)

 

 また、説明における話し方が自分にフィットする人を選ぶことも大事です。この辺はフィーリングです。イタリア語が上手に話せても、それを他人に説明できるかどうかはほぼ完全に別のことだから、あくまでも自分が好きな人を選ぶのが一番です。

 

 いずれにせよ、大事なのは次の二つが一通り学べることです。

1)文法(動詞の活用を、直接法現在形から条件法過去まで学べること)

2)発音とアクセント(できれば、母音の u をしっかり発音できることと、イタリア語のアクセントの特徴を分かっている講師がいいです)

 

 次に、使う教材です。

 辞書は、オンライン辞書がいいです。私が使っているのは「Amore イタリア語辞書」です。初心者向けに良い点は、単語の発音をカタカナで書いてあることと、アクセントを置くところを太文字で書いてわかりやすくしてあるところです。

 可能な限り、この辞書に加えてイタリア語辞書を使うといいです。私が使っているのは、「Repubblica」のウエブサイトにある「Dizionario」です。イタリア語をイタリア語で説明してあります。最初は時間がかかりますから、使い方を工夫してみます。例えば、もう意味が分かっているイタリア語の単語をこの辞書で調べ、説明文の方を自分で訳してみます。

 

 手元に文法の本があると、便利ですね。

 わかりやすさで言えば、NHKのテレビイタリア語講座のテキストが一番だと思います。ただ、毎月少しずつ説明してあるものなので、文法全体を一覧することができません。なるべく最近出た、説明がシンプルなものを選ぶと良いと思います。

 

 これに加えて、Youtubeなどで自分の好きな分野(映画やイタリアのテレビ番組、歌手など)を見るだけでも楽しいですよね。自分の好きな分野の語彙をひたすら増やしていけば、それだけで1級品にもなり得ます。

 

 イタリアのラジオを聞いてみたい方は、「Fm-World」というアプリがオススメです。イタリアのソフトウエア会社が作っているアプリで、イタリア中のラジオがワンタップで自由に聞けます。私は、ミラノの「RadioDeejay」や「RTL102.5」などを好んで聞いています。

 

 ラジオは、最初はほとんど何もわからないかもしれません。でも、イタリア語の話すリズムに慣れることはとても大事です。

 

 だいたいこんな感じで、「しっかり学ぶところ」と「あんまりわかんないけど、ま、好きだから」というところとを、ちょうどよく混ぜ合わせていくのが長続きのコツかなって思います。

Got a question? Click to Chat