Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Ken88 's Column

なぜ、日本語聴解が難しいのか。其の壱

Jan 12, 2018

Cafetalk 日本語講師 Kenです!

久しぶりの投稿ですねぇ。あまりにも忙しくて、そして北陸独特の天候に振り回されて、用事が全然終わりませんわwww

さて、今日はタイトル通り、「なせ、日本語聴解問題が難しいのか。」について、語りたいと思います。私はとても気分屋なので、其の弐があるかどうか、定かではありませんが。どかーんと、大量の情報を発信しても、学習者さん方に理解していただくことができなければ意味がないので、少しずつとします。

本日ご紹介するのは、”会話文では、音が抜け落ちる”現象です。どこの言語でも同じようなことがあると思いますが、日本語は非常に独特な変化があるので、わかりづらいと思います。

写真を見てください。

このように、会話になると音が抜け落ちるために、聴解問題でも同じ現象が起こり、学習時に「ます、ません」と習ってきたのに、聴解は全然分からないという事になります。

これの解決には、やはり日本語を巧みに操る人間と直接話すしかありません。慣れるには、会話のキャッチボールの中から見つけ出す自分だけのヒントを得る必要があるからです。無理矢理、英語に直して伝える事もできますが、ニュアンスが変わってきます。

ということで、其の弐があることを期待していてください。

〔 くらべてわかる 初級 日本語表現文型ドリル引用 〕

(追伸)現在、新メニューを鋭意準備中です。乞うご期待を。

Got a question? Click to Chat