Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Risho 's Column

海抜3820mの旅

Aug 21, 2017

皆様

你好〜!

中国語講師のRishoです。久々のコラム更新です。

夏休みの休暇を終え、本日からレッスンを再開しました。休暇中レッスンを提供できず、ご迷惑をおかけしており、大変申し訳ございませんでした。

夏休みは中国西部の青海省へ旅行に行ってきました。

⇩新疆ウィグル自治区とチベット自治区に隣接する省です。

青海省の省都は「西寧」という都市で、平均標高は2300mです。ここから、さらに西に行くと、標高がどんどん高くなっていきます。

北京から寝台列車で21時間かけて西寧に到着。

⇩地元の小麦粉料理屋台です。中国の西部地域では小麦粉を主食とするので、このような饅頭は毎日の食卓に登場します。

⇩チベット仏教のお寺「塔爾寺」です。

⇩中国ではコインはあんまり流通していないのと、額面が「1分」「1角」とあんまりにも小さいため、

お賽銭はほとんど紙幣です。賽銭箱に入れるのではなく、壁にそのまま貼り付けるのも面白いですね。

⇩高原に行く途中、放牧されている「牦牛mao2 niu2」(ヤク)群に遭遇。

ヤクは標高3500m以上の地域に生息しているウシ科の動物で、青蔵高原地域に住むチベット族の人が飼う役畜です。ちなみに、中国語では「牦牛mao2 niu2」と発音しますが、チベット語では「yak」と発音するそうです。「ヤク」はチベット語からの音訳ですね。

⇩いよいよ標高3800mの高原に到着。平均標高2300mの西寧市内ではあんまり息苦しさや、頭痛を感じませんでしたが、ここでは軽い頭痛を感じました。また平坦な道を歩いているのに、坂道を登るような疲れも感じました。

⇩3820mです。

⇩3820mにある小さいなチベット仏教の神殿です。

⇩チベット仏教ではお香ではなく、桑の葉を燃やして供えるそうです。これは桑の葉を燃やす炉です。

⇩青海省北東に位置する湖が見えるでしょうか。これは中国の一番大きな湖で、「青海湖」という内陸塩湖です。一周は360キロもあります。ここにも行ってきました。

⇩青海湖の湖畔に佇む白いヤク。(実は青海湖周辺はかなり観光地化されていて、地元の遊牧民はヤクとの記念撮影や、ヤクに乗るなどの商売でかなりの観光収入を得ているそうです。夏のオンシーズンだけですが。)

今回の旅で壮大な高原の景色に癒され、高原の強い日光をたくさん浴びて、大自然からたくさんパワーをいただき、とてもエネルギッシュに日本に戻ってきました。

これからもエネルギッシュにレッスンを提供して参ります。一緒に楽しく中国語を勉強しましょう!

〜お知らせ〜

期間限定10%割引クーポン発行 クーポン利用可能期間:8/21-9/30

大学での授業が始まる9月下旬までは時間的に余裕がありますので、レッスン枠を追加して、またオンラインスタンバイレッスンで皆様のリクエストをお待ちしております。スキマ時間ができたらぜひ私のプロフィールページをチェックしてみてくださいね。

また、レッスン開始時間の直前でもリクエストできるように設定してありますので、急なリクエストにも対応できます。

皆様にお会いできることを楽しみにしております!

Got a question? Click to Chat