Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Reiko I 's Column

Reiko Iの旅日記 ~映画「ポカホンタス」スクリーンデビューの日~

Jun 23, 2016

皆さん、こんにちは♪

文法にとらわれず、積極的に話す英語コミュニケーション力を鍛えるレッスンを目指しております、講師のReiko Iです❤︎

6月23日は、私の大好きなディズニー映画「ポカホンタス(Pocahontas)」のスクリーンデビュー日です。

小さな頃に初めてこの作品を見た時には、あまり好きにはなれませんでした。

作品の題材も子供にとっては難しかったかもしれないですが、何しろ主人公であるポカホンタスが他のプリンセスよりも笑顔を見せなくて、いつも険しい表情に見えたので、プリンセスに見えないということがすごくネックだったのです。

また、ディズニー映画はすべてハッピーエンドで終わると思いこんでいたのですが、まさかのハッピーエンドではないということなのも理由の一つだったかもしれません。

”こんなに愛し合っていたのに、こんな簡単に離れ離れになっていいの?”

小さい頃の私が抱いた疑問でした。

月日が過ぎて大人になり、アメリカでの初めての生活も終わり、色々な国の方や恋なども経験し、もう一度ポカホンタスを見た時に、もう虜になってしまいました。

自分の意志をしっかり持ち、自分の愛を信じ、争いを嫌い、歴史を変えようとも争いを止めようとする姿勢、地球上存在するすべてのものに名前があり、心があると語るポカホンタスに憧れも芽生えました。

英語も少しずつ分かるようになってきて、どうやってこの映画が作られたのか、特に心に残るような歌がどのように作られていったのかが知りたくて、ポカホンタスの映画の製作過程のインタビューを見たこともきっかけの一つでした。

映画の中の一つのシーンで、捕らわれの身になり、明日処刑されてしまうジョン・スミスのもとへポカホンタスがこっそりサヨナラを言いにいく場面があるのですが、かなりサッパリした別れになっていたのです。

明日愛する人が亡くなってしまうかもしれないのに、こんなサッパリ?!とずっと納得がいかなかったのですが、このインタビューを見て、大好きな作曲家のアラン・メンケンさんが、

「"If I Never Knew You"は2人の愛を表現するとても意味がある歌だったけれど、この作品の焦点となるものは”差別や争い”だったために、やむを得ずカットしなければならなかったのです」

このように語っていました。

「え?!カットされた曲なんてあったの?!」

そのシーンが、私が納得いかなかった場面で歌われていた曲だったんです。

早速"If I Never Knew You"を聴いてみて、2人の愛が確かだったことが分かりましたし、なんて素晴らしい曲なんだろうと涙が出る歌詞でした。

色々な理由があったのだと思いますが、個人的にはこの曲こそカットしてほしくなかったです★

皆さんもぜひ機会がありましたら、聴いてみてください♪

普通のエンディングテーマでは流れているのですが、映画の中のシーンで歌われているものがベストです◎

そんな憧れのポカホンタスにハロウィンやカメラマンの友人と日本で不定期で開催しているPhotoshoot撮影会で仮装をして、写真を沢山撮りました♪

そちらをご紹介致します♪

東京ディズニーランドのハロウィンでポカホンタスとお会いした時♪

ウォルトディズニーワールド、マジックキングダムのハロウィンパーティーで出会ったターザンとターク♡

挨拶の仕方を教え合ってます♪ WINGAPOOOOOO♪

宿敵であるラトクリフ総督にダンスパーティーでバッタリ会う奇跡が!!!

彼と共にクラブナイトを楽しみました♪

小さな女の子から話しかけて頂いた時の写真です♪

日本ではあまり人気がないのですが、アメリカではポカホンタス結構人気のようです❤

カメラマンの友人と行った撮影会の作品です♪

講師Reiko I
『ワーキングホリデーとしてフランスで生活しています!!!私のコラムでは、今まで旅した国や居住した国、その中での生活や仕事などの思い出などを写真と共に旅日記として綴っていきたいと思います♪♪♪』

Got a question? Click to Chat