Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor Yuya Takeda 's Column

学問との出会い

Mar 12, 2016

自分の自己紹介として、最後に学問との出会いについて書かせていただきます。

自分が法学や政治学と出会ったのは、大学で法学部に入ったからでした。そもそも、自分は中学・高校と社会科の公民や政治経済の分野をとても得意としていて、興味を持っていたものでした。選挙とか、政治系のテレビもよく見ていて、それらの関連で法学部を受験しました。

法学部には入ったのですが、1年の最初は独特の用語など分からないことが多く、ついて行くのが大変でした。それでもいろいろ調べていって、馴染むことができました。

自分の大学生活の一番の象徴に挙げられるのは、住民投票の条例の作成を議会に陳情する研究をしたことです。実際に、立法府である議会のシステムを研究するために、議会への陳情を一人で行ったものでした。大学の地元の市議会に陳情をして、議会について研究していきました。

いろいろな専門書を調べ、条例案を作り、自分の案を参考として提出し、立法府としての議会を研究していきました。議会の立法府としての役割や、議員の活動について学ばせていただきました。議会というものを直に研究する重要性を学びましたね。

Got a question? Click to Chat