为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

Erika.A 讲师的专栏

ボッケリーニのメヌエットで装飾音の練習!

2020年2月23日

ピアノ講師のErikaです。


今日は装飾音の「トリル」についてのお話しです。


古い時代の曲を弾いてると

よくこれに遭遇しますが

Trill(トリル)とよばれるこの奏法は

装飾音の一種。


技術的にはむずかしくて、(とくいな人がうらやましい)

私自身もまだ制覇していません。


だから「上級編」とも言えるかも知れませんが、

音楽には不可欠な技術なので

ビギナーさんが覚えておいても

そんは無しだと思いますよ。



装飾音

・トリル

・プラルトリラー

・モルデント

(本当によく出てくるのでまだ習ってない人も言葉を覚えておきましょう)


この装飾音は

ピアノだけではなく、

いろいろな楽器を演奏するときに

使用します。


私自身も苦手な装飾音ですが

どんな練習をすればいいのでしょう?



ボッケリーニのメヌエット

今日は

ボッケリーニのメヌエットを

ト長調に変えて好きなタイミングで

装飾音の「トリル」練習!


ちょっと余談ですが、

フィギュアスケートや

ハーフパイプの回転は

何回まわったかなんて

数えてないらしい…


ピアノも同じで、

いちいち今の何回まわしたっけ?

とはいきません。??


特に、演奏者の解釈によって

スピード、回転数、音使いが変わるから

さらにむずかしいです。



装飾音を弾くコツ

そう、だから

入るタイミングとか回す速さとかは

体で覚えるしかない❗


ポイント→脱力 これ必須!


★力を抜くことできれいにまとまります。

(そこだけふわっみたいな感じ。)


♬レッスンでも「ふわっ練習」してます♬


でも脱力ってすごくむずかしいんですけどね。

ついついチカラが入って力んでしまうんです。


今回は鬼のように笑

トリルやプラルトリラーを入れて

弾いてみました。


その中で、「今のチカラ加減やスピードはいい感じだぞ!」

というのを見つけるといいです。



曲はうまく弾けてるのに

装飾音がイマイチ・・




装飾音は華やかじゃなくちゃ


どんな練習をすれば良いのか

迷っている人や、見ないふりをしている人は(笑)

練習例の動画を作りましたので観てください♬


知ってる曲や、すでに習った曲に

「ここにいれたら素敵かも?」

という部分に思い切って入れてみましょう!


「一回だけ上に回す」

「長ーいトリル」

「半音下に下げるトリル」


いろんなかたちで練習してみてくださいね。



装飾音は気をつけて弾かないと

ただの雑音…

とにかくれんしゅうしかない!!
自分の弾いた音をよく聴いてね。


絶対に華やかに弾きたいもんだ!



★いつもブログを見ていただきありがとうございます!
 3月から新レッスン料で頑張ります。
 更にパワーアップしますのでよろしくおねがいします。





































在线客服谘询