Un tocco di stile alla tua vita.

Cafetalk Tutor's Column

Rubrica di caoli

【サハリン留学#7】意外とオシャカフェがマニ【カフェ巡り】

Jan 21, 2020

ズドラーストビチェ。

ここ最近の私の愛読書『地球の歩き方 極東ロシア・シベリア・サハリン』には、
ユジノサハリンスクのページに「おしゃれカフェ巡り」という特集ページがあります。

前回のロシア滞在ではカフェなんて1軒くらいしか見かけなかったので(何度も言いますが田舎町でした)、
「ロシアにオシャカフェ・・・?」と思ったら、ユジノサハリンスク市内にはカフェがたくさんありました。
(スターバックスはありません。ついでにマックやKFCもありません。)



スイーツやハンバーガー、スープなどの軽食も食べられるカフェもあれば、
テイクアウト専門店、スイーツはほとんど置いていないコーヒーガチ勢カフェまで、
オシャなカフェがたくさんあって毎日新たなカフェを開拓しています。

そしてロシア=紅茶マンセー文化なので、紅茶は本当にどこでもあります。
(学食なら数十円。カフェでも100円くらい。ただしティーパック)
私はコーヒーより紅茶派なのでこれが本当にありがたい。
(韓国もコーヒーばっか飲んでないでもっと紅茶普及させろ)

サハリンのスタバ(中国人留学生いわく)と言えるほどたくさんあるмельницаは店舗にもよるけど軽食やスイーツが豊富。(サハリンガールズいわくでもコーヒーはあまり美味しくないからコーヒー以外の飲み物を頼め、とのこと)

coffee likeはスイーツはなくてほぼテイクアウト専門。

地球の歩き方に載っていて札幌ホテル(こういう名前のホテルがある)の横にあるзернаはコーヒーガチ勢っぽい雰囲気でスタイリッシュ。ラテアートもしてくれました。
店員さんは英語も通じる。↓ここ。



店内でいきなり若者がギターを奏でだしたりして「え、ここアメリカ?」みたいな気持ちになれます(私のアメリカのイメージ)。

サハリンは結構おひとり様が多いので、一人でもカフェや食べ物屋さんに気軽に入れて良き。

韓国や日本のようにカフェで勉強したり読書したり、長居している人はほぼいないです。
ロシア人の友人いわく(これはモスクワ出身の友人が言っていた)
「日本人がカフェや図書館で勉強しているのを見てびっくりした。大学の図書館なんて偶然友達に会うかもしれないのにどうして集中できるの?」ということで、ロシアの学生は普通自宅(寮)で勉強するものらしいです。

サハリンガールズ最愛カフェのкулибинにまだ行けてないので(こないだ行ったらもうレジ閉めちゃってて注文できなかった)、今週の目標はкулибинにトライすること。です。

<まとめ>
ユジノサハリンスクに来たらカフェを巡るべし。
でもロシアのトイレは基本的にきれいじゃないからがぶ飲み注意。

Got a question? Click to Chat