为您的日常生活增添色彩。

Cafetalk Tutor's Column

SURI.KANG 讲师的专栏

'자소서'와 '자소설'

2019年11月10日

みなさんの中で、今就活をしている方いらっしゃいますか?

私も就活をしてた時がありました。

自己紹介書を山ほど書いたんですが、自分が作家になった気持ちで書いてた記憶があります。笑

例えば、「職務に関連した経験について書きなさい」という項目があるとしたら、

「OO会社でインターンで働いた時、私が作った企画書が通ったことがある」

ということを、

「私が作った企画書が最初は激しく反対されたが、こういった方法を使って、チームメンバーを説得した。

企画書が通って、チームの実績があがり、企画能力とコミュニケーションスキルを高く認められた。」

のように劇的な要素を入れたりしました。(実は反対されたことないです、、、^^;)

100%うそではなかったんですが、自己紹介書を書くたびに創作の苦しみを感じました。

私を含めて、自己紹介書を書くとき創作の苦しみを経験した韓国の就活生たちは

自己紹介書を자소설(小説)と呼びはじめました。

자기소개서(自己紹介書)を短くして「자소서」と言いますが、最後の文字に「ㄹ」を付けると「자소설」になります。

事実だけを書くと、魅力のない自己紹介書になるかもしれないので、

大小のうそをつけたり、大げさに書く、その結果、まるで小説のように新しい内容になるという皮肉な意味があります。

「나는 나로 살기로 했다(私は私のままで生きることにした)」という本には次のような文章があります。

우리는 자신만의 삶의 방식과 철학을 세우며 사는 것이 아니라

사회와 부모가 요구하는 기준에 맞춰 사는 것에 더 익숙하다.

그 결과 많은 이들이 자신의 신념과 철학은커녕

자신에 대한 윤곽선도 그려내지 못하고

자소서 대신 자소설을 쓰게 된다.

「자소설」という単語がどうやってできたのかその背景がわかると

この文章の意味がもっと理解しやすくなりますよね。

韓国の小説・エッセーなどを朗読で学ぶレッスンを新設いたしましたので、

興味のある方はぜひチェックしてみてください!

在线客服谘询