いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Keiko Davy 講師のコラム

マレーシアのここが違うよ、お菓子・デザート自慢

今週のテーマ: ここが一味違う!私の国・地域のお菓子自慢

2019年2月15日

カフェトークの皆様、こんにちは!マレーシア在住のバイリンガル講師、Keiko Davyです。今日は今週のコラムのテーマ、「ここが一味違うよ!私の国・地域のお菓子自慢」というのに合わせて投稿してみることにいたしました。
 
マレーシアのお菓子、デザートは、この年中暑い気候の影響、それから様々な文化が混ざっているので、かなり特徴的だと思います。
 
まずは、ココナッツを使ったお菓子やデザートが多いですね。前にもコラムで紹介しましたが、ニョニャ料理のクエイ Nyonya Kuih と呼ばれるデザートはカラフルです。ココナッツクリームやココナッツを削ったものを使う他に、もち米やタピオカの粉を使ったりします。こちらは中華系の影響ですね。詳しくはこちらの投稿をご覧下さい。↓
 
また、ココナッツと言えば、ココナッツごと飲める(食べれる?)ように売っていますし、ココナッツからできたシェーキ Coconut shake は人気です。こんな感じでバブルティーのパールも入れてくれます。お持ち帰り用にもなっててマレーシア人に大人気です。




ココナッツ屋さんの投稿はこちらから。↓

そして、暑いので、かき氷系のデザートも多いです。ペナンでは人気のチェンドル Cendol (下)、それからアイスカチャン Ice Kachang(投稿の写真)です。こういう地域の自慢のデザートがあります。
 



その他にもパイナップルでできた一口サイズのタルトとか、油であげたお菓子もあります。例えば、バナナを衣をつけて揚げるピサン・ゴレン Pisan Goreng というのもあります。甘いモノが大好きなマレーシア人。様々なお菓子、デザートがありますが、必ずしも健康的だとは言えません(笑)糖尿病の人もたくさんいるそうです!
 
★お知らせ★
①2月限定のLove Quotesというレッスンを行っています。興味のある方はこちらからどうぞ!

②毎月19日はカフェトークデーですね。この日は受講されたレッスンの半額ポイントが返ってくるという特別な日です。これを機会にレッスンを受けて見ませんか?色々と条件がありますので、詳しくはログインページからご覧ください。

お気軽にご質問ください!