いつもの生活に世界のスパイスを。

Cafetalk Tutor's Column

Keiko Davy 講師のコラム

チャイニーズニューイヤー

2019年2月3日

カフェトークの皆様、こんにちは!マレーシア在住のバイリンガル講師、Keiko Davyです。前にもマレーシアにはたくさんの祝日があるとお話しましたが、今月の2月5日、6日はChinese New Year チャイニーズニューイヤー(旧正月、以下CNY)です。こちらは、太陽太陰暦という中国起源の歴に基づいた旧暦の正月のことで、中華系民族にとっては一年で最もおめでたい日として、中国本土だけではなくアジア各国でもお祝いをしています。このCNYの日付は毎年異なり、今年はこの二日間が祝日となりました。
 
CNYの過ごし方は地域によって違いがあるようですが、数週間にわたって様々な風習やお祝い事が続くようですね。伝統的には、旧暦の12月23日前後からかまどの神を祭り、大掃除や新年の準備を始めるそうです。大晦日は除夕と呼ばれ、家族揃って縁起がよいと言われる食べ物を食べます。そして新年の時報とともに、花火や爆竹で盛大に祝いますが、これは大きな音が邪気を払うと言われているためだそうです。ペナンの22階のコンドミニアムのベランダからは水平線上に花火があちこちから上がるのが見えました。これは日本の厳かな年明けとはかなり違いますね。
 
このCNYのお祝いに向けて、各ショッピングモールもセールで盛り上がり、酷い混みようでした。ところが一遍、休みに入りますと(クアラルンプールは2月1日も州の祝日で、月曜日の2月4日を休むと6日間の連休です!)とても静かです!マレーシア人もこの連休を利用して、田舎に帰っている人が多いようで、クアラルンプールは空っぽと言いますか、空いていて気味が悪いほどです(笑)!

この連休はティンギ・ヒル Bukit Tinggi に行ってきます!またその報告は後ほど!

お気軽にご質問ください!