Let the world spice up your life.

Cafetalk Tutor's Column

Tutor may 's Column

モチベーションの保ち方

Weekly Topic: Who is your most favorite historical figure?

Jan 21, 2019

皆さま、こんにちは!
Cafetalk講師のmayです。

はじめて、お題に沿ってコラムを書きます。

今回のテーマは「新しいことを始めたとき、どうやってモチベーションを保つか」

外国語の学習に限らず、資格試験や仕事のプロジェクト、ダイエットなど、モチベーションが下がってしまうと効率が下がるだけでなく、途中であきらめてしまう…ということもありますよね。

目標をもつことは大切ですが、忙しさにかまけてつい後回しにしてしまったり、そのうち忘れてしまったり。1日はあっという間です。もちろん1週間も1か月も。私もその一人なのですが、気づけば何となく1年が終わってしまったという気がしたこと、ありませんか?

そこでおすすめするのが「書くこと」「見ること」です!

私はスケジュール管理をアプリでも紙でもしていますが、アプリのいいところはどこにいてもチェックできるし、アラームで知らせてくれるので、予定の入力さえ忘れなければ「忘れてた!」ということがないところです。一方、紙のいいところは自分の字で書けるところ。これ、現代においてはめんどくさいのでは?という人もいるかもしれませんが、自分の字には感情も入れることができるような気がします。大きく書いたり、小さく書いたり、ピンクやブルーのペンで書いたり。それだけではなくシールを貼ったり。予定を書いていると、「あ!そのためにはこれもやりたいな~」ということが自然と頭にうかんできます。そんな感じで1年の目標、1か月の目標を書くのです。今週中にやらないといけないことも。

1日のうち少なくとも2回は「手帳時間」を作るようにしています。理想は朝起きてから、そして夕飯のあと。すぐに開けるように毎日使うダイニングテーブルの横に置いておき、頻繁に開いています。これが「見ること」。書いて終わり、では目標が達成するどころか、ゴールまであとどのぐらいかな?ということがわからないので、できるだけいつも見るようにして、さぼってない?大丈夫?と自分に問いかけています。これで下がりかけたモチベーションが少し上向きになると思うのですが、いかがでしょうか。

目標を立てたばかりのときは「よし、がんばろう!」という気持ちが強いですが、残念ながら気持ちは生物(なまもの)です。いつでも新鮮な気持ちでがんばりたいものですね。

それでは、また!

may

Got a question? Click to Chat